「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキングTOP10【小説書きがおすすめ】

葛史エン
戦闘シーンはアニメの見所のひとつですよね。今回は普段小説を書いている僕がおすすめする「戦闘シーンがすごいアニメ」をランキング形式でご紹介します。

映像や動きがすごいアニメに限らず、知略を駆使していたり、独自の能力が面白い戦闘のアニメもご紹介していこうと思います。未視聴のものがあれば、ぜひご覧になってみでください!

ランキングをご紹介する前に・・・

こういった「アニメランキング」ってネット上でよく目にしますよね。
ほんとにアニメが好きで選んでいるんだなぁ、というサイトが沢山あって、僕もよく次に観るアニメを選ぶ参考にさせていただいてます。

でも、いざ観たいアニメがあったとき、それを観る方法に困ったことはないでしょうか?
心底気に入った作品だったらDVDを買うのもありだけど、試しに観てみようという段階でそこまでするのは難しい。
かといって、いちいちレンタルするのは面倒だし、アニメの場合は何本も借りることになるので料金も馬鹿になりません。

もちろん、違法にアップロードされたものを観るなんてもっての外です。

僕も以前まではそんな悩みを抱えていて、放送中のものはできるだけ録画したり、多少面倒でもレンタル店を利用したりしていました。

でも、ネット上の動画配信サービスを利用するようになってからは、観たいアニメがあったらPCやスマホですぐに観られるようになったんです。(しかも、かなり多くのアニメが定額で見放題!

以下の記事で僕が利用している動画配信サービスを紹介しているので、興味のある人は参考にしてみてくださいね!

【U-NEXTとAmazonプライムのアニメ比較】一ヶ月無料体験をお試し下さい

2019.01.02
スポンサーリンク

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第10位:血界戦線

人ならざる者たちが跋扈(ばっこ)し、非日常が日常と化した「ヘルサレムズ・ロット」が舞台の物語です。

「ヘルサレムズ・ロット」は元はニューヨークだったのですが、異界と交わってしまい、現在は毎日が危険と隣り合わせの街になってしまっています。

語り部であるレオナルド(通称:レオ)は、人違いを発端に「秘密結社ライブラ」に入ることになります。

異界人たちとのトラブルや、敵との戦闘が日常なだけあって戦闘シーンはかなり多めです。

登場人物たちはそれぞれの能力を駆使して戦うのですが、このアニメは戦闘シーンがとにかくスタイリッシュなんです。
「かっこいいとはこういうことさ」はジブリ『紅の豚』のキャッチフレーズですが、血界戦線もまさにこの言葉がぴったりの出来となっています。

往け!! 手始めに世界を救うのだ——!

『血界戦線』より

第1話にて、ライブラのリーダーがレオの背中を押したセリフもかっこいいです・・・

僕自身は、主題歌を大好きなBUMP OF CHICKENが手がけたこともあって、リアルタイムで視聴していましたが、大当たりの作品でした。

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第9位:ワールドトリガー

異世界からの侵略者・ネイバーは、ワープゲートをくぐって街にやってきては人々を襲います。
それに対抗すべく結成されたのが防衛組織・ボーダーです。

主人公たちはボーダーに所属し、ネイバーと戦って街を守ります。
また、訓練を兼ねた「ランク戦」で日々互いに高め合っています。

ワールドトリガーの戦闘はとにかく戦略的です。

  • 基本的にチーム戦。
  • 近距離から長距離まで武器の種類が豊富。
  • 一定の条件下では「死なない設定」で戦えるため、それを利用した戦略もある。現実世界での「オンラインゲーム」的なイメージ。
  • チームには補佐役としてオペレーターが付く。
  • 身体の中の「トリオン」というエネルギーで戦うのですが、その量は生まれ持って決まっている”才能”。しかし、知略を駆使すれば上位陣に食い下がることも可能。
  • 「ランク戦」を勝ち抜くにはチームの絆が重要。

特徴を挙げただけでも、いかに戦略的なバトルが繰り広げられるか察してもらえるのではないでしょうか?

ちなみに主人公の一人である修(おさむ)が、トリオン量の少ない凡才なのですが、とても誠実で諦めない性格なのでついつい応援したくなります。
修が才能ある人たちに認められていく様子も爽快な作品です!

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第8位:絶園のテンペスト

こちらは作品を通してストーリーが壮大で、緻密なのが魅力。

主人公は二人。その一人の妹が殺害されたことで物語は始まります。

妹の死を「不条理」として自ら犯人を捜す真尋。
そしてその親友である吉野。

真尋は天才肌で唯我独尊な性格。
吉野は真尋とは違ったタイプの天才で、どこか達観しきった性格です。

基本的に誰にも心を許さない真尋が、吉野とは気心知れた雰囲気なのが良いんですよね。
ときには敵対する構図にもなるのですが、それでも互いを信頼している様子がたまりません。

上っ面ではないほんとの親友ってこういうことか、と思わされる二人です。

で、真尋は魔法を使って妹を殺した犯人を捜そうとします。(唐突ですね笑)
吉野もそれに巻き込まれていく感じです。

魔法でできるのはシールドを張ることと、身体強化、そして怪我の治癒、これだけということでかなりシンプルな設定。
これで銃や戦車、戦闘機とも戦います。

ということで『絶園のテンペスト』の戦闘は、腹の探り合いよろしく心理戦が見所です。

主人公二人がとにかく頭が切れる上、ネジが何本か外れている性格なので、心理戦はかなり大胆かつ高度。

ちなみに原作は漫画でして、ストーリーを考えているのは「スパイラル〜推理の絆〜」の原作もされていた城平京先生。
僕は城平先生のファンでもあるので、そういう意味でも楽しめたアニメです。

 

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第7位:僕のヒーローアカデミア

人類の大半がそれぞれ固有の「個性」を発現した世界。
「個性」は文字通り人それぞれです。

  • 超パワー
  • 掌の汗が爆発性で爆発させられる
  • 触れたものを浮かせる
  • 炎攻撃や氷攻撃
  • 蛙っぽいことができる
  • 「個性」を消す

などなど。ほぼすべてのキャラが「個性」持ちのため、挙げ出せば切りがありません。

そして「個性」なんてものがあれば、悪用する人間も出てきます。
「ヴィラン」と呼ばれる悪者や、自然災害から人々を守るのが「ヒーロー」の仕事です。

主人公たちはヒーローの卵で、ヒーロー育成の学校がこのアニメ(原作は漫画です)の舞台となります。

個性を駆使した戦いの数々は観ていて飽きがきません。
しかも、攻撃向きで無い個性も使いようとばかりに、知力と創意を振り絞った戦いも最高に面白いです。

素晴らしいのは、キャラごとに戦う理由や信念があること。
ヒーローにも、敵対するヴィランにもそれぞれちゃんとしたバックボーンがあるので、戦闘シーンにも感情移入してしまうこと間違いなし。この辺りは原作者さまの思慮深さや感性の深さが窺えますね。

ストーリーに深く根付いた多様な戦闘シーンをぜひお楽しみください!

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第6位:刀語

原作小説は「化物語」の西尾維新先生です。
原作は全12冊なのですが、発売当時は「月1冊刊行」を謳っていたのをよく覚えています。
リアルタイムで読みながら「月1で執筆とかバケモノか・・・」と思っていました。(西尾先生の速筆ぶりはけっこう有名です)

内容は「虚刀流」の主人公・”鑢七花(やすり しちか)”が、「奇策師」の”とがめ”と、12本の「変態刀」を蒐集するお話です。(意味が分からないと思いますが、観ていただければ分かります)

和風な絵柄での戦闘シーンは迫力満点なだけでなく、独特な”味”があります。
”西尾節”も存分に楽しんでいただけるアニメとなっています。

特に第12話の怒濤の展開は必見ですよ!

スポンサーリンク

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第5位:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

地下迷宮「ダンジョン」で生まれるモンスターと戦う冒険者たちの物語。

主人公・ベルは駆け出しの冒険者で、まだまだ実力は大したことありません。
そんなベルには憧憬を抱く冒険者がいて・・・。

”憧れ”を胸にどんどん力を付けていくベル。そして純真なベルのもとに集まってくる、多種多様な種族の人々との絆も見所です。
ヒロインが多数登場し、皆それぞれ魅力的なのも良いですね。

戦闘シーンは流麗かつ迫力満点。最近のアニメはほんとうに映像が綺麗です。

個人的におすすめしたい戦闘シーンは、第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」での「ベル vs ミノタウロス」です。
憧れを胸に強敵に立ち向かうベルのまっすぐな想いに胸を打たれます。
映像も音楽も良いのですが、声優さんの叫び(魔法の名称を叫ぶところ)がとりわけ印象的でした。

手に汗にぎる戦闘シーンが多数あっておすすめです。

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第4位:HUNTER×HUNTER

言わずと知れた週刊少年ジャンプの名作漫画のアニメ。
ご存じの方も多いと思います。

「ハンター」は、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡などなど、貴重なものを追い求める職業です。
ハンターには人並み外れた実力が必要ですが、なかでも「プロハンター」は別格。

そんなプロハンターたちが繰り広げる戦闘は高度なものばかりです。

しかし、『HUNTER×HUNTER』の特徴はなんといっても、その能力の複雑さです。
それぞれが有する能力は「念(ねん)」と呼ばれるのですが、その内容はまさに千差万別。ここでは語りきれないくらいの細かな設定が成されています。

念能力の例を少し挙げると以下のようなものです。

  • オーラ(エネルギー)で拳を強化、弾にして放つ、刃状にする。
  • 電撃を放つ。電気で神経伝達を早める。
  • オーラにガムとゴムの性質を与え、自在に操る。
  • 第三者の能力を奪う。
  • 未来を占う。
  • 相手にオーラを貸し付け、破産させる。成功すると相手のオーラを封じ込めることができる。
  • 死体を操る。

とても挙げきれませんが、とにかく多数の能力があります。

凄いのは単純に数が多いのではなく、ちゃんと縛りがあることです。
念能力の基本は「制約と誓約」。要は縛りが強いほど能力が強くなります。
なかには、自らの命を糧にするような能力もあり、能力者たちは思い思いの能力を開発しているのです。

能力が複雑なら、戦闘シーンも複雑。
単純な戦闘力で勝敗が喫しないのが念能力者の戦いです。
能力の相性や状況を踏まえた駆け引きがたまらない戦闘が多数あります。

また思い切ったことに、戦闘シーンにナレーションが入ることがあるのですが、これが良い雰囲気を出しているんです。
ナレーションなしでは視聴者を置いてけぼりにしかねないくらい、複雑な戦闘ということですね。

原作漫画は休載と連載を繰り返しているのですが、それでもファンが全然離れないのがこの漫画(アニメ)の魅力を物語っています。
僕自身、原作も楽しみにしているので、早く新刊を読みたいものです。

単調なバトルには飽きてしまった、という人にはもってこいのアニメですよ!

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第3位:甲鉄城のカバネリ

ここにきて、「これぞ戦闘が凄いアニメ」と言える作品です。

カバネと呼ばれる怪物に怯えて暮らす人々の生きる世界。
カバネは人間を噛み、ウイルスを伝染させることで同族を増やしていきます。吸血鬼のようなものですね。

タイトルにもある「カバネリ」は、カバネに噛まれながらも意識を保っている者のことです。
高い身体能力を有していますが、カバネと同じように吸血衝動があったり、心を蝕まれてカバネに近づいていく、という危うい存在でもあります。

主人公・生駒(いこま)は物語序盤でこのカバネリになってしまいます。
ヒロイン・無名(むめい)もカバネリなので、この二人は人間にとって心強い戦力であると同時に、危険因子でもあるわけです。
そんな二人と周りの人々との関係も見所のひとつとなってきます。

この世界では「駅」と呼ばれる砦を、物資を運ぶための「駿城(はやじろ)」(装甲した貨物列車)が走っています。
生駒たちの乗る「甲鉄城」もそのひとつなのですが、甲鉄城は何度もカバネの襲撃を受けることになります。

疾走する甲鉄城はもちろん密室。
乗っているのは戦闘員ばかりではないので、カバネの侵入を許せば一大事です。
機関部をやられて走れなくなってもアウト。

極限の緊迫状態で繰り広げられる戦闘シーンには絶対興奮させられるはずです。
映像も音楽も音響も、すべてが高水準。「シンプルにすごい戦闘シーン」ばかりで圧倒されるアニメです。

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第2位:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

『鋼の錬金術師』こちらも超有名ですね。名作です。

錬金術が存在する世界が舞台です。

錬金術は、「等価交換」を原則とした科学技術のこと。「理解⇒分解⇒再構築」という過程で発動します。

例えば、主人公・エドワード(通称:エド)は右手が鋼の義手なのですが、この義手をよく刃に変形させて戦闘に使用します。この場合「理解(義手の成分は”鋼”)⇒分解(一度、分子レベル?でバラバラに)⇒再構築(刃の形状にする)」という工程を踏んでいるわけです。

錬金術師たちは、この錬金術を駆使して戦闘を行います。
単純に石畳をトゲ状に変化させたり、炎や爆撃に使用したりと、とにかく幅広いです。

エドや、その弟・アルフォンス(通称:アル)は体術も相当なもの。
派手なアクションをこなしつつ、そこに錬金術を織り交ぜて戦うので、肉弾戦が好みの人もお楽しみいただけると思います。

さらに、銃や戦車も存在する世界観なので、「錬金術vs近代武器」といった構図になってくるのも面白いです。

ストーリーにも少し触れておきます。

エドとアルは幼い頃に母親を亡くし、寂しさから母親を錬金術で蘇らせようとしました。
しかし、錬金術で命をつくる行為は「最大の禁忌」とされています。

母親の錬成に失敗した二人はそれぞれ対価を「持っていかれます」。エドは右腕を、アルに至っては全身を無くしてしまいました。

一度はこの世から消失してしまったアル。
エドはアルを取り戻すべく、右腕の無い状態で再度錬金術を行使。
結果、左脚と引き替えに、アルの魂を呼び戻して鎧に定着させることに成功します。

数年後、オートメイルと呼ばれる義手と義足を装備したエドと、中身は空っぽながら動いたり話したりはできる鎧姿のアルは、自分たちの身体を取り戻すための旅に出ました。

旅を続けるうち、世界を揺るがす黒い思惑に巻き込まれていく二人。
思い過去を背負った兄弟が、戦場に身を置きながら目的に向かっていく姿は感動必至です。

多彩な戦闘シーンのみならず、壮大なストーリーや、徐々に広がっていく仲間の絆も最高のアニメです。

個人的には、大人がすごく格好いい作品だと感じました。
エドとアルももちろん格好いいのですが、関わる大人たちが二人を子供扱いせず、それでも温かく見守っている姿が良かったです。
自分が書く小説でも、こんな大人を書いてみたいものです。

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング
第1位:精霊の守り人

私情を多分に含んだ1位ではありますが、このランキングをつくろうと思った最初の時点で『精霊の守り人』に決めていました。
原作が大好きなんです。

もちろん好みだけで決めたわけではなくて、戦闘シーンはかなりの出来となっています。

『精霊の守り人』の主人公は女用心棒のバルサ。年齢は物語開始時で30歳。
ある日バルサは、川に落ちてしまった少年・チャグムの命を成り行きから救います。

実はチャグムは新ヨゴ国の皇子で、ある理由から実父である帝に命を狙われていました。
そこでチャグムの母である二ノ妃は、バルサにチャグムを預けることを決意します。

チャグムの用心棒を引き受けたバルサは、新ヨゴ国最強の追っ手たちを相手取ることになってしまいます。

用心棒稼業をしていた養父に連れられ、幼い頃から旅を続けてきたバルサは、その経験を生かして追っ手を撒きつつ、ときには応戦してチャグムを守ります。

さらにチャグムには「精霊の卵」が植えつけられており、帝である父がチャグムを亡き者にしようとするのも、神にも等しいはずの皇族が精霊に憑かれたことで、その権威が揺らぐのを恐れてのことでした。
チャグムの「精霊の卵」は他の精霊の食料でもあるようで、バルサたちはその精霊にも襲われることになります

『精霊の守り人』の世界は精霊や呪術といった類いのファンタジー要素は出てきますが、生活しているのはごく普通の人々です。
バルサも武術の達人ではありますが、決して特殊な能力を持っているわけではありません。

ということで、これまで紹介してきたアニメとは異なり『精霊の守り人』の戦闘シーンはとてもリアルです。
しかし、リアルだからこそ、戦闘シーンのすごさが際立ちます。

バルサが使うのは「短槍」という身の丈ほどの長さの槍。これを手足のように見事に扱って戦うのですが、その剣戟には思わず息を呑まされます。
派手なものではありませんが、スピード感満載で、なにより緊張感が凄まじいです。

バルサはチャグムを守ることを第一に戦うので、その辺りの駆け引きや、瞬時の決断にも注目して観るとより楽しめるはずです。

戦闘シーンはもちろん、ストーリーや音楽など全てのクオリティが素晴らしいので未視聴の人にはぜひ観ていただきたいです。

バルサとチャグムがどのような結末を迎えるのか、ぜひ楽しんでください!

「戦闘シーンがすごいアニメ」ランキング。いかがだったでしょうか?

このランキングを作成するにあたり、他のサイトさんがどんなバトルアニメを推しているのか調べてみたのですが、やはり全体的に映像美の良い作品がランクインしている印象でした。
『鋼の錬金術師』や『甲鉄城のカバネリ』はよく目にしましたね。

今回僕が選んだアニメは、戦略や能力も重視したのでそういう意味では、「戦闘シーンのすごいアニメ」をお探しのみなさんに新たな出会いを提供できたのではないかと思います。
(もし「有名どころばかりで全部知ってた・・・」という人がいたら申し訳ないです)

今回久しぶりに見返したアニメもあったのですが、やっぱりアニメっていいなぁ、と思わされます。
今後もおすすめのアニメを紹介しようと思うので、そのときはまた観覧していただけると嬉しいです!

【U-NEXTとAmazonプライムのアニメ比較】一ヶ月無料体験をお試し下さい

2019.01.02
スポンサーリンク



《作品のブラッシュアップ!!》
あなたの小説に感想&アドバイスお届けします

日々小説に打ち込んでいる僕が、あなたの小説をより良くするお手伝いをします。特に新人賞狙いの方にオススメです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
の項目は必須項目となります。