【闇の賢者が行く多重異世界討伐記 】「記憶のない少年」が「ものぐさヒロイン」と共に「異世界転移者」を相手取ります

以前から『ココナラ』というサイトで「あなたの小説の感想を書きます」というサービスを出品していたのですが、有り難いことに先日、初のご依頼をいただけました。

すごく面白い作品でしたし、ネットで公開されているということもあって紹介記事を書かせて貰えないか作者さまに伺ったところ、快い返事をいただけたので今回ご紹介したいと思います。

作者さまは『オカノヒカル』さん。

作品名は『最弱な俺は問題児の最強クラス勇者に知略で挑みます ~ ものぐさなヒロインと共に異世界転移者を駆逐せよ!』』となっております。

ネタバレを避けた作品の概要、そしてオススメのポイントを話していこうと思うので、しばしお付き合いくださると嬉しいです

「作品の概要」と「見所」

どんな作品かはタイトルを見てもらえれば、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

『最弱な俺は問題児の最強クラス勇者に知略で挑みます ~ ものぐさなヒロインと共に異世界転移者を駆逐せよ!』

もはや定番になってきた長文タイトルです。
個人的に長文のタイトルはかねてから違和感があったのですが、作品の内容をより多く知ってもらうためには有効な手なのだと最近は思うようになりました。
とにもかくも小説は表紙を開いてもらえねば意義がありませんしね。
ネット小説だと表紙絵がないことが大半ですし、他の作品とタイトルのみで並べられてしまうので、長文タイトルが主流になったのも頷けます。

さて、今回読ませていただいた作品のタイトルを見ると、

  • 「最弱な主人公」
  • 敵は「最強クラスの勇者」かつ「異世界転移者」
  • 「ものぐさなヒロイン」と共に敵を「知略で駆逐する」

という内容ですね。

実は作者のオカノさん、タイトル付けには苦心されていまして、今も改善を重ねているようです。
もしかしたら今後もタイトルが変わることになるかもしれません。

追記(2019/02/02):作品タイトルを変更されたようですのでお知らせ致します。新たなタイトルは『闇の賢者が行く多重異世界討伐記 ~ 転移者が問題を起こしすぎたので、ぐーたら天使と共に駆逐します!』です。試行錯誤されていて素晴らしいですね!

まあ何にせよ、タイトルには作品の象徴だったり見所だったりが込められているわけで、僕がこの作品で1番面白いと感じた「知略で駆逐する」という要素も含まれていて嬉しくなりました。

そう。この作品の見所は何といっても知略的な戦闘なんです。

順を追って説明していきますね。

主人公・トウヤは記憶を無くした少年です。
記憶が無いトウヤですが、”誰か”の記憶を映像のように見ることを繰り返します。
その”誰か”の記憶が自分のものなのか、あるいは他人のものなのかといった謎も物語の鍵となるわけです。

冒頭、”誰か”の記憶を見ていたトウヤは、調和神〈ラッカーク〉という女神のいる空間で意識を取り戻します。
女神の話を聞くと、彼女の仕事を手伝えばトウヤは記憶を取り戻せるとのこと。

その仕事というのが世界のバランスを崩す異世界転移者を葬ることでした。
他人を害することに抵抗を覚えたトウヤは逡巡しますが、そこで女神はすかさず記憶の断片をトウヤに見せます。
記憶を取り戻す”お試し”というわけです。なかなかやり手の女神ですね。

記憶が無いことを不安に感じ、何より見せられた記憶の断片が頭から離れないトウヤは女神の仕事を受け入れることを決めます。

その際、トウヤは女神から仕事を遂行するための3つの力を授かります。

  1. 転移者を葬り去る短剣
  2. 一つの世界で三度までのやり直しができるリスタート能力
  3. 魔法使いの少女のパートナー

たいそうな力ばかりに思えますが、敵対する異世界転移者はそれ以上の能力を持っているため、トウヤは知略を駆使して彼らを葬らなければならないのです。

はたしてトウヤは女神の仕事をこなし、記憶を取り戻すことができるのでしょうか?
そしてトウヤの正体とは?

という感じの物語になっております。
知略的な戦いが好きな方にはおすすめです。

あと、女神から与えられた「魔法使いの少女のパートナー」。
彼女がヒロインなのですが、普段やる気ゼロでトウヤをぞんざいに扱うわりに、要所要所ではちゃんとヒロインしているという、ギャップの愛らしいキャラクターに仕上がっています。

彼女とトウヤの軽快な掛け合いも見所なので、そのあたりも楽しんでいただければと思います。

オカノヒカルさんの作品はこちらから。完全無料ですのでぜひぜひ読んでみてください。(『小説家になろう』という小説投稿サイトに飛びます)
↓     ↓     ↓
闇の賢者が行く多重異世界討伐記 ~ 転移者が問題を起こしすぎたので、ぐーたら天使と共に駆逐します!

おわりに

ということで今回は『ココナラ』で読ませていただいた小説をご紹介させていただきました。
今は無料でこんな作品を読める時代なんだとしみじみ感じます。

オカノさん、この度は素敵な作品を読ませていただきありがとうございました!
完結に向けてぜひ頑張って下さい!

PS.
今後も『ココナラ』での「小説感想サービス」は継続予定ですので、小説書きのみなさま、よろしければご依頼下さい。
希望があれば今回のように当ブログで紹介記事も書かせていただきますのでぜひどうぞ。
ご依頼はこちらから!
↓    ↓    ↓

【小説の感想が欲しい人へ】作家志望がお書きします【ブログ上での宣伝アリ】

2018.06.16

スポンサーリンク
スポンサーリンク



生きてる内にあとどれだけ書けるだろう
同じ執筆量で、より巧く。

無思考で書くのは、ほんとうに勿体ない。
たった少しの意識で、あなたの小説はもっと良くなります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
の項目は必須項目となります。