【集中力過多に注意】頭の回転が良くなるサプリメントをご紹介します。

葛史エン
僕は元来集中力のない人間ですが、やり方を工夫しながら今では休憩を挟みつつもほぼ1日中小説やブログの執筆、読書を続けられるようになりました。
今回はそんな僕がおすすめする「集中力を高め、頭の回転を良くしてくれるサプリ」をご紹介しようと思います。

結論として、集中力UPにおすすめの栄養素は「カフェイン」と「チロシン」です。
他にもいくつか試したのですが、個人的にはここに落ち着きました。


大前提としてサプリメントは補助くらいに考えておきましょう

今回ご紹介するサプリメントは個人差は出るものの即効性があるので、すぐに効果を実感できると思います。
とはいえ、サプリメントに頼りきりになるのは良くないので、どうしても集中力が続かないときや、今日は本気で集中したいといった日に飲む程度にしておくのがおすすめです。

また、人によって適正量や効果に差が出るので、よく体調に気をつけながら試していってください!

スポンサーリンク

「カフェイン」で集中力を高める

カフェインはメジャーな栄養素ですよね。
コーヒーやお茶に含まれています。

カフェインに関してはコーヒーを飲めば十分に摂取できるので、サプリメントを飲む必要はないかと思います。

もちろんカフェインのサプリメントも存在しますが、食事から摂れる成分は食事から摂るのがベストです。

コーヒーを飲んでカフェインが効き出すまでには30分程度かかるので、作業前30分くらいに飲んでおきましょう。

それから、カフェインの効果は持続時間が長いので、夕方に飲んでしまうと夜の睡眠を阻害してしまいます。
目安としては午後3時以降は飲まないことをおすすめします。

また、「集中力」を高めるという意味では、「完全無欠コーヒー」がかなり効果的なので興味のある人はお試しください。
僕は毎朝完全無欠コーヒーを飲む生活を2年以上継続中ですが、未だにその効果に感動しています。

完全無欠コーヒーの効果と作り方。1年以上継続できたレシピに必須のブレンダーは?

2018.07.10

「チロシン」で集中力を高める

「チロシン」はアミノ酸の一種で、チーズやたけのこといった食品に多く含まれています。
こちらはコーヒーと違って、気軽に適量を摂るのが難しいのでサプリメントを飲むのがおすすめです。

僕の感覚ではカフェインよりも、チロシンの方が効果的でした。

チロシンは脳の各種神経伝達物質の材料となるのですが、僕はドーパミンがどばどば出ている印象を持ちました。
集中しすぎではないかと思うくらい目の前の作業に集中できます。

あと、気分が前向きになりますね。
僕は普段かなり口数が少ないのですが、気分の落ちすぎていた日にチロシンを飲んで出勤したところ、先輩から「今日はよく喋るなー」と言われました(笑)

僕にはかなり効果があるのですが、ネットでの評判を見ているとかなり個人差があるようなので、試す場合は少量から始めて、集中力やメンタル面を観察してみてください。

僕が実際に飲んでいるサプリは『iHerb』というサイトで安価に購入できます。
120粒で1000円ちょっとなので、毎日2粒飲んだとしても2ヶ月保ちますね。

飲む目安は『1日1〜3回1粒づつ』と書かれていますが、僕は1日1粒で週に4,5回しか飲まないので、1度購入すればかなりの期間保つ計算です。

>>『チロシン』サプリメント(500mg)

上記のリンクは500mgのもので、750mgのタイプも販売されています。
ただ、いきなり多く飲むのはおすすめしないので、まずは500mgの方で様子を見てください。

「カフェイン」と「チロシン」を効果的に利用するために

最後に僕がどのタイミングで「カフェイン」と「チロシン」を飲んでいるか紹介しておこうと思います。
最終的にはご自分のサイクルを見つけるのが好ましいですが、何か参考になれば幸いです。

  • 起床してから1時間後に「完全無欠コーヒー」を飲む。(起床直後のコーヒーは推奨されないようです。僕は現在4時半起床なので、5時半くらいに「完全無欠コーヒー」を飲みます)
  • 10時〜11時くらいで集中力が切れるので、ここでまた普通のコーヒーを飲みます。加えて、飲んだ直後に昼寝するのですが、20〜30分くらいの、カフェインが効き出すタイミングを見計らってアラームをかけています。
  • 昼食後は筋トレと散歩をはさみ、再び作業開始。ここで集中できない日に「チロシン」を飲むようにしています。

ポイントとしては「カフェイン」は午前中に摂っておき、午後から集中力が保たなければ「チロシン」のサプリを飲むといった感じですね。

短時間の昼寝も集中力維持には効果的ですので、10時〜14時くらいの間に昼寝する習慣を試してみてください。
また、30分以下の昼寝の場合は直前にコーヒーを飲んでおくと、起きるタイミングでカフェインが効くので気分良く目覚められます。
逆に、30分以上昼寝する場合はコーヒーを飲まないようにしてください。

まとめ

ということで集中力を高め、頭の回転を良くするために「カフェイン」と「チロシン」をおすすめさせていただきました。

「カフェイン」はコーヒーで、「チロシン」はサプリで飲み、この組み合わせを各々の生活習慣に上手く取り入れてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『小説感想サービス』始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
の項目は必須項目となります。