三題噺「4日目」のお題は「雨・逃げる・カップ」

みんなで「三題噺」の企画。
本日は第4回となります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【初心者歓迎!】小説を書く練習として「三題噺」を書いてみませんか?

2019.04.13

それではさっそく。
今回のお題は以下の3つ。
(出題には『どこまでも、まよいみち』というサイト様の『三題噺スイッチ改訂版』を使用させていただきました)

ということで「雨」「逃げる」「カップ」です。
比較的、書きやすいのではないでしょうか?

お題「雨」「逃げる」「カップ」

「ご一緒しても?」

楽しげな声音で尋ねると、彼は読んでいた本から目を離して顔を上げた。でも私に視線を寄越したのは一瞬のことで、すぐにまた本の世界へ帰っていってしまう。

「構わないけど、話し相手になるつもりはないよ」

目線は字を追ったまま、それでも快い返答をいただけたので、私はテーブルをはさんで彼の正面に腰掛けた。彼の態度がつれないのはいつものことだし、私にしてみればそんな素っ気なさも心地よかった。

寂れた喫茶店の中だ。学校帰り、通り雨に見舞われたのだが、あつらえたようにこんなお店があったのはラッキーだ。

しかもこれまたあつらえたように、暇つぶしの相手がいるとは。

濡れてしまった右肩とカバンをハンカチで拭いたところで、感じの良い店員さんが注文を取りに来てくれた。「彼と同じものをください」と頼んだら、ブラックコーヒーを出されたのはちょっと誤算だったけれど……。

「キミも雨宿り?」

返答は期待せず言ってみた。
応えの代わりに、ページをめくる音が返ってくる。

思わず、くすりとしてしまう。

心地よい沈黙がしばらく続いた。彼は私の存在なんて認識してないように、読書を続けている。私はスマホをいじりながら、そんな彼を時折眺めていた。

(なんか、いいなぁ)

自分で言うのも何だが、私はとてもコミュニケーション能力に優れている。私の周りにはいつも友人たちがいて賑やかで、自分でもそんな空間が好きだった。

でも、たまにはこんな時間も悪くないと思う。いや、たまには、よりもう少しだけ多い頻度でこんなふうに過ごしたいところだ。

最初こそカップの中の真っ黒な液体を、親の敵のように睨んでいた私だが、何度か口に含んでみるうちに、この苦みにも慣れてきてしまった。

(案外ブラックでも飲めるものね)

あるいは、目の前にいる彼と同じ物を口にしているからかもしれないが。

なんとなく窓の外をみやると、雨足はずいぶんと弱まり、晴れ間も見えてきていた。

カップの中身も、すでに大半がなくなってしまっている。

私はカップが空になることから逃げるように、ちびちびとコーヒーを飲んだ。

「急いで帰る予定ある?」

彼が唐突に口を開いた。

思わずどきりとした私なんて知らないように、彼は相変わらず本から視線を離さないでいる。投げかけられた言葉の内容と、ふいに感情を揺らされたことの悔しさから、少しはこっちを見なよという悪態が頭に浮かんだ。

「別にないよ。あったら、多少濡れてでも走って帰ってるし」

平静を装って言うと、彼は感情薄く「そうか」とひとつ頷いた。

「じゃあ、もう少し付き合ってくれ。おごるよ」

そう言って彼が注文したのは二つのカプチーノ。見透かされた気がして気恥ずかしくなった。

顔が紅くなってやしないかと心配になる私に、彼はさらに爆弾を投下する。

「あとさ、あんた、折りたたみの傘持ってるだろ? 俺が雨宿りに来てからしばらく時間が経っていたが、あんたが雨に濡れてたのは肩とカバンだけだったもんな」

そう言った彼は、少し意地悪で、そして楽しげな表情をしていた。こんなときだけ、まっすぐに私を見るのは本当にずるいと思う。

今度こそ、私は顔を真っ赤にしてうめき声を上げた。

【完、42分で1289文字】

感想

大幅にタイムオーバーでしたが、一応最後まで書きました。

一人称は言葉選びが楽しいですね。
この場合この子はどんな言い回しをするのだろう、みたいな。

僕は普段、三人称で書くことがほとんどで、しかもけっこう硬めの文体なので、一人称は新鮮に感じます。
逆に言えば、よりキャラクターづくりが大切になってくると実感しました。
自分と性別が違うキャラだと、より難しいです。

内容としては喫茶店での雨宿りでしたが、お題の「逃げる」が少々無理やりだったかと反省。

でも今日はいつも以上に書いていて楽しかったです。

みなさんの三題噺もぜひ投稿してみてくださいね。
(投稿は下のコメント欄からどうぞ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



《作品のブラッシュアップ!!》
あなたの小説に感想&アドバイスお届けします

日々小説に打ち込んでいる僕が、あなたの小説をより良くするお手伝いをします。特に新人賞狙いの方にオススメです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
の項目は必須項目となります。