葛史エンのプロフィール&ブログ『en’s study』について

はじめまして!
ブログ運営者の葛史エン(くずみ えん)です。

当ブログは、僕がプロ作家を目指す日々で得た学びや気付きをアウトプットする目的で運営されています。
みなさんの参考にもなれば幸いです。

葛史エン(くずみ えん)

  • 1990年生まれ。男性。
  • 極度の人見知りで気遣い屋。
  • 世の中は生きにくいですが、書くことだけが自分を表現する手段でした。
  • 本業はメーカーの製造業勤務。将来的には小説家、フリーランスとして独立したいです。
  • 電撃大賞を目指しつつ、ブログ運営と小説感想サービス販売にも力を入れています。
  • 憧れの作家は冲方丁先生と上橋菜穂子先生。
  • どうやら才能は無いようなので、創作論を学び、作品を分析することで研鑽を積む日々を継続中。

 小説やブログを書くことに救われました

人見知りで人と話すことが苦手な僕は、子供の頃から自分を表現することが大の苦手でした。

頭ではいろいろ考えているのに、それをどう言葉にするか迷ってしまって口に出せない。
仮に言葉にできたとしても、見当違いの発言だったり、言葉足らずだったり……。
で、相手に誤解されてしまったと後悔して、また話すのが億劫になる。

僕の性格はひどく生きづらく、引っ込み思案な自分が昔から大嫌いでした。

でも、小説やブログを書くようになって、本当に救われたんですよね。

文章でなら自分が伝えたいことを形にすることができます。
好きなだけ時間をかけて言葉や表現を吟味できる小説やブログは、面と向かってのコミュニケーションが苦手な僕にぴったりのようです。

日常生活では今も相変わらず苦労していますが、小説やブログでちゃんと自分を表現できるようになってからは、わりと人生を楽しめている気がします。

小説を書き始めたのは大学生の頃

僕が小説を書き始めたのは20歳前後の大学生の頃です。

物心ついた頃から感じていた、世間に馴染めない息苦しさは大学でも相変わらずでした。
そんな鬱屈とした日々の中で「なんとかしなくちゃ……」と思うようになっていったんです。

普通なら会話や社交性といったコミュニケーション能力を高めようと努力するのかもしれません。
しかしそういう努力は高校生までも続けていましたし、何より無理に社交的に振る舞うのも自分の性根に合っていないのではと感じるようになっていました。

だから僕はこのとき、別の自己表現の形を考えました。

引っ込み思案に加えて、頭も良くなく、特技も皆無だった僕にとって唯一続いている趣味が読書です。
一人でいる時間を好み、小説の中に広がる世界を空想したり、内容に対して自分なりにあれこれ考えたり。
そういう特性を活かすことはできないかと考えた僕は、自然と自分でも小説を書き始めました。

当時はプロを目指そうだなんて微塵も思っていません。
下手なりに書いて投稿サイトに載せて、それがひどく楽しかったのを今でも覚えています。

とくに自分の作品へ感想を頂けたときは格別で、心臓がドキドキして言いようのない興奮を味わいました。
自分の頭の中にあった物語が読者さんに伝わって、そこへ感想を持ってもらえるなんて、日常会話一つに苦労する僕にとっては新鮮すぎる体験でした。

社会人になってプロを目指すと決意します

大学を卒業した僕はメーカーの製造業に就職。
実はこの頃から、小説を書くことがほとんどなくなっていきました……。

中学、高校、大学と進学する度に感じてきたことですが、環境が大きく変わることが僕には大きなストレスになります。
無い頭しぼって仕事を覚えることにも、手先の不器用さを露呈しながら作業することにも、何より新たな人間関係を築くことに本当に苦労しました。

加えて、当時は残業も多くそれがつらかったです。
夜遅くまで働いて、重たい身体を引きずって早朝に出かる。待ち焦がれたはずの休日は、とくに何をするでもなく無為に過ぎていく、という日々を送っていました。

「このままではいけない……」「何となく人生を消費するのはイヤだ」と感じた僕はあれこれ悩んだ末、やっぱり自分には小説しかないと改めて思い知らされました。

同時に今度は、大学生の頃とは違い、真剣にプロを目指してみようと決意しました。
本気で打ち込めることに、本気で打ち込むことが人生には必要だと思ってのことです。

才能がないから研鑽で補う。ブログを開設しました

プロを目指すと決意したは良いものの、現実はそんなに甘くありません。

まずは腕試しと応募してみた電撃大賞で一次落選。
さらにオーバーラップ文庫大賞でも一次落選を突きつけられました。

オーバーラップ文庫は1次落選でも評価シートがもらえるのですが、結果はすべての項目で評価3。

オーバラップ文庫大賞で頂いた評価シート(一次選考落選)

講評内容は親切かつ好意的。しかも納得の指摘ばかりで、とても有り難く感じました。
しかし一方で「無個性な小説。これがおまえの限界だ」と宣告された気にもなりました。

小説書きのなかには小学生から書いているような方も少なくありません。
そんな中で、大学生になって書きだした才能の無い僕が勝負するには、やはり相応の努力が必要なのだと実感しました。

それからは小説の教本に止まらず、心理学や文章術などの書籍を読み漁る日々を送っています。

読んできた教本の一部

このブログを始めたのも研鑽の一環でした。
「得た知識を定着させるには人に教えるのが効果的」なのだと自己啓発本で知ったのがきっかけです。

ブログを通じて創作仲間が欲しいという思いもありました。
僕のまわりには小説を書く人が一人もいないんですよね。

今ではこのブログをきっかけに出会えた大切な人たちもいて、多少の苦労はあれど、ブログを運営していて本当に良かったと思っています。

自己鍛錬も兼ねて始めた小説感想サービス

僕は現在、みなさんの書いた小説を拝読して感想文をお届けするサービスも提供しています。

当初は教本で学んだ知識を作品上で照らし合わせて勉強し、自分の創作の糧にするのが目的でした。
この意図は今も変わっていません。
しかし最近は、別のやりがいも感じているんです。

きっかけは、感想文の書き方を学ぶために、自分でも小説感想サービスを購入してみたことでした。
プロ作家の方に、先ほど話した新人賞一次落ちの小説を読んでもらいました。

納品された感想文を読んで目から鱗が落ちました。
詳細は以下の記事で書いていますが、自分ひとりでは気付けなかったアドバイスを沢山頂けました。

関連記事

『ココナラ』というサイトで、エンタメ作品とライトノベル作品合わせて4冊出版している、現役のプロ作家の方に感想・アドバイスを頂きました。かなり有意義なアドバイスを頂けたので、頂いた感想全文と共にサービスをご紹介します。 今回依頼させていただ[…]

自分の欠点に気付けずに、あのまま書き続けていたらと思うと今でもぞっとします……。

早いうちに修正箇所を把握できれば、そこを意識的に改善できます。
それはプロ作家になるという夢に一歩近づくことを意味していました。

そんな経験をしてからは、以前にも増して自分の感想サービスに心血を注ぐようになりました。
お客さんの作家人生に僅かなりとも意義のある感想文をお届けできるよう常に心掛けています。

お客さんからのお言葉は本当に嬉しくて、今では小説やブログを書くことと並んで、感想サービスの提供は僕に幸せを感じさせてくれます。

 

中でもとりわけ嬉しかったのが、選考結果の報告をいただけたことです。
自分のことのように歓喜しました……!

今後も自分のための研鑽はもちろんですが、志を同じくする作家さんにお力添えできるサービスを目指していこうと思います。
僕の小説感想サービスはこちらで提供中です。

感想サービスも提供するプロの小説家ブロガーを目指して……

ブログ運営、そして小説感想サービスにも力を入れながらプロの小説家を目指すという現状は、もしかしたら”二足のわらじ”ならぬ”三足のわらじ”のように思われてしまうかもしれません。

しかし僕は、これらが互いに相乗効果をもたらして僕を成長させてくれると信じています。
書くことに年齢制限はありません。今後もずっと努力し続けていこうと思います。

 

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。

ブログでは今後も記事を上げていきますので、またお暇なときに覗いていただけると嬉しいです!

また、作家仲間との交流を求めて、創作関連の相談を伺ったり雑談したりするサービスも提供中ですので、そちらもよろしくお願い致します!

>>創作について僕と語り合いましょう!

>運営者・葛史エンによる感想&アドバイス

運営者・葛史エンによる感想&アドバイス

ラノベ新人賞獲得を目指すあなたへ。 僕に投稿作品を読ませてください。率直な感想と、日々培った知識からのアドバイスをお伝えします。

CTR IMG