【11のラノベ新人賞】ライトノベル作家を目指す人への一覧まとめです。

葛史エン
ライトノベル(ラノベ)の新人賞を一覧にまとめてみました。受賞倍率や評価シートの有無など、応募の際に気になる情報をピックアップ! 新人賞への応募を考えている方は、ぜひお役立てください。
ご注意ください!

記載内容には誤りのないよう気をつけていますが絶対ではありません。
また、応募締め切り等は情報が古い場合も考えられます。

応募を考えている新人賞に関しては、必ず公式HPにてご確認いただくようお願い申し上げます。(各HPへのリンクも載せていますのでご利用ください)

電撃小説大賞

言わずと知れたライトノベル新人賞の最難関。
例年5000程度の作品が応募されています。

特徴としては「とにかく面白ければ何でもOK」といったところでしょうか。
他の新人賞は「10代をターゲット」にした募集が多いのですが、電撃大賞はそうでもない様子。
極端なことを言えば、ラノベらしくない小説でも大丈夫です。

自分の書く作品がどのレーベルに合うか分からない場合。またはデビュー後に色々なジャンルを書いてみたいという人には電撃大賞がおすすめです。
かく言う僕も電撃大賞だけに照準をしぼっています。

>>電撃小説大賞のHPへ

ソードアート・オンライン1アインクラッド (電撃文庫)第15回電撃小説大賞「大賞」受賞作『ソードアートオンライン』

募集ジャンル

オリジナルの長編及び短編小説。
ファンタジー、SF、ミステリー、恋愛、青春、ホラーほかジャンルを問いません。
未発表の日本語で書かれた作品に限ります (他の公募に応募中の作品も不可とします)。

『電撃小説大賞のHPより

受賞倍率

【第25回電撃小説大賞】
応募数:4,843作品
受賞者数:9名(”大賞”は該当なし)
受賞倍率:538倍

【第24回電撃小説大賞】
応募数:5,088作品
受賞者数:7名
受賞倍率:726倍

【第23回電撃小説大賞】
応募数:4,878作品(長編:3,410作品、短編:1,468作品)
受賞者数:8名
受賞倍率:609倍(応募総数の4,878作品で計算)

賞金額

大賞:300万円
金賞:100万円
銀賞:50万円
メディアワークス文庫賞:100万円
電撃文庫MAGAZINE賞:30万円

選考の流れ

下読みによる1次選考(第24回はここで4,843作品⇒510作品に)

編集による選考を複数回(第24回のときは4次選考まで行われたようです)

選考委員による最終選考(最終選考委員は作家や脚本家、編集長らの複数名)

評価シートの有無

1次選考の通過以上で貰えます。

1次~2次選考通過者に編集者2名、3次選考通過者(最終選考候補者をのぞく)に編集者5名の選評をお送りします!

電撃大賞のHPより

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】
2020年4月10日

【受賞者発表】
2020年10月上旬
(各選考の発表は、2020年夏頃から順次行われます。)

ファンタジア大賞

ライトノベル界の老舗「ファンタジア文庫」の新人賞。
30回を超える新人賞で培われたノウハウは確かか、といった所感です。

僕はファンタジア大賞と電撃大賞の2択で悩んでいましたが、10代の読者のみをターゲットにしたファンタジア大賞は合わないと考え、電撃大賞を選択しました。

あくまで僕の感想ですが、10代をターゲットにしているという募集内容通り、分かりやすい文体や、単純な面白さのストーリーが好まれる傾向にあると思います。

>>ファンタジア大賞のHPへ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)第26回ファンタジア大賞「大賞」受賞作『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』

募集ジャンル

十代の読者を対象とした広義のエンタテインメント作品。ジャンルは不問です。

第33回ファンタジア大賞のHPより

倍率

【第31回ファンタジア大賞】
応募数:1,225作品(前期716作品/後期509作品)
受賞者:7名
倍率:175倍

【第30回ファンタジア大賞】
応募数:2,548作品(前期、後期に加え、短編やキャッチコピーの特別企画分を含めて)
1,111作品(長編のみの数。前期602作品/後期509作品)
受賞者:7名
倍率:159倍(長編の応募数1,111作品で計算)

【第29回ファンタジア大賞】
応募数:1,231作品(前期692作品/後期539作品)
受賞者:5名
倍率:246倍

賞金額

大賞:300万円
金賞:50万円
銀賞:30万円
入選:10万円

選考の流れ

前期と後期に分けて、年に2回募集されます。
それぞれ入選作品を決め、その後の最終選考会で前期後期の入選作品から受賞作を選考します。

評価シートの有無

1次選考の通過以上で貰えます。

注意したいのは、ファンタジア大賞には「ゲスト投稿」と「会員投稿」あり、評価シートが貰えるのは「会員投稿」のみであることです。
応募の際は、ぜひ会員登録して投稿してください。

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】
前期:毎年8月末日締め切り
後期:毎年(前期の翌年)2月末日締め切り

【受賞者発表】
明確な期日を見つけられませんでした。
以下は募集要項より引用です。

全体の選考経過、結果発表は当サイト及びドラゴンマガジン誌上にて随時掲載いたします。

ファンタジア大賞のHPより

スポンサーリンク

富士見ノベル大賞

大人向けのライトノベルを募集しています。
この読者層を狙う小説を書くなら、現状は電撃大賞に応募すれば良いと思いますが、できたばかりの新人賞の将来性を見据える人や、受賞率重視の人はこちらに応募してみるのも手です。

>>富士見ノベル大賞のHPへ

一生夢で食わせていきますが、なにか。 (富士見L文庫)第1回富士見ノベル大賞「入選」作品『一生夢で食わせていきますが、なにか。』

ジャンル等の特徴

大人向けのエンタテインメント小説
(恋愛、ミステリー、ファンタジー、コメディ、ホラー、サスペンス、青春、歴史、SFなどジャンルは不問)。
日本語で書かれた商業未発表のオリジナル作品に限ります

富士見ノベル大賞のHPへ

倍率

【第1回】
応募数:347作品
受賞者:3名(銀賞1名、審査員特別賞2名)
倍率:116倍

賞金額

大賞:100万円
入選:30万円
佳作:10万円
審査員特別賞

選考の流れ

選考委員は編集部が務めます。
一次選考→二次選考→最終発表となります。

評価シートの有無

記載を見つけられませんでした。

応募の締め切り&受賞者の発表日

現在募集中なのは『第3回富士見ラノベ大賞』です。

【応募締め切り】
2020年5月7日正午

【受賞者発表】
一次選考:2020年7月頃
二次選考:2020年9月頃
最終発表:2020年秋頃

MF文庫Jライトノベル新人賞

年4回の募集を行っているため、どのタイミングでも応募できます。
数年前に「大賞」が設置されましたが、今のところ大賞は出ていないようですので、我こそはという人は狙ってみてはどうでしょうか?

HPで読むことのできる「過去の新人賞結果」が丁寧で好印象でした。
総評や審査員のコメントは参考になるし、受賞者のコメントも載せられています。
応募を考えている人は、ぜひ一度は目を通してみてください。

>>MF文庫Jライトノベル新人賞のHPへ

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)第6回MF文庫Jライトノベル新人賞「最優秀賞」受賞作『変態王子と笑わない猫。』

募集ジャンル

10代の読者が心から楽しめる、オリジナリティ溢れるフレッシュなエンターテインメント作品を募集します。
ファンタジー、SF、ミステリー、恋愛、歴史、ホラーほかジャンルを問いません。

MF文庫Jライトノベル新人賞のHPより

倍率

【第14回】
4期合計:2049作品
受賞者:4名
倍率:512倍

【第13回】
4期合計:1930作品
受賞者:6名
倍率:322倍

【第12回】
4期合計:1590作品
受賞者:3名
倍率:530倍

賞金額

大賞:300万円
最優秀賞:100万円
優秀賞:50万円
佳作:10万円

チャレンジ賞:合計6万円(詳しくは以下に引用します。)

各期の予備審査で三次選考通過者の中から、惜しくも佳作には選出されなかったものの、「光る才能がある」と認められた作品について認定し、決定後3ヶ月間に限り毎月2万円を活動支援費として進呈いたします。

MF文庫Jライトノベル新人賞のHPより

選考の流れ

年に4期の募集を行い、それぞれ佳作を選出。

4期すべての佳作の中から「最優秀賞」と「優秀賞」を選出。

中でも抜きんでて優れた「最優秀賞」があれば「大賞」に。(該当しない場合は「大賞」はなし)

評価シートの有無

応募者全員が貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】

第16回のそれぞれの予備審査の締め切りは、2019年6月末日(第一期予備審査)、9月末日(第二期予備審査)、12月末日(第三期予備審査)、2020年3月末日(第四期予備審査)とします。
※それぞれ郵送応募は当日消印有効。Web応募は当日23:59まで。

MF文庫Jライトノベル新人賞のHPより

【受賞者発表】

第一期:2019年10月25日
第二期:2020年1月25日
第三期:2020年4月25日
第四期:2020年7月25日

最終審査結果:2020年8月25日

スポンサーリンク

スニーカー大賞

ファンタジア文庫と並んで、こちらも老舗のスニーカー文庫。
2018年で30周年を迎えました。
大賞賞金も100万円から200万円へと引き上げられています。

「大賞」受賞作品がとにかく少ないのが特徴。
ウィキペディアの情報によれば、第24回までで大賞は5作品しか出ていないようです。
逆を言えば大賞を取れば未来は約束される?

>>スニーカー大賞のHPへ

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)第8回スニーカー大賞「大賞」受賞作『涼宮ハルヒの憂鬱』

募集ジャンル

ファンタジー、ラブコメ、ホラー、SF、ミステリー、青春などジャンルは問いません。10代の読者を対象とした、あなたにしか書けないエンタテインメント作品をお待ちしております。

スニーカー大賞のHPより

倍率

総応募数を見つけられなかったので割愛させていただきます。

賞金額

大賞:200万円
優秀賞:50万円
特別賞:20万円

選考の流れ

詳しい案内を見つけられませんでした。

評価シートの有無

三次選考通過以上で貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】
年1回の募集。
次回の締め切りは2020年4月1日です。

【受賞者発表】
途中経過や最終結果は順次ホームページにて発表。

GA文庫大賞

大賞は空位が多い印象です。
しかしながら過去に大賞を獲得した『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は大当たり。アニメ化もされていますね。

評価シートは一次選考で落ちても貰えるので、自分の作品に対する客観的な評価が欲しい人が試しに応募してみるのも大いに推奨です。

>>GA文庫大賞のHPへ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)第4回GA文庫大賞「大賞」受賞作『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

募集ジャンル

広義のエンターテインメント小説作品(ファンタジー、学園、ラブコメなど)。
日本語で書かれた未発表のオリジナル作品。

GA文庫大賞のHPより

倍率

【第10回】
応募数:1204作品(前期546作品/後期658作品)
受賞者:5名
倍率:241倍

【第9回】
応募数:1287作品(前期621作品/後期666作品)
受賞者:6名
倍率:215倍

【第8回】
応募数:1546作品(前期706作品/後期840作品)
受賞者:7名
倍率:221倍

賞金額

大賞:300万円
金賞:100万円
銀賞:20万円

選考の流れ

前期後期に分かれ、半年に一度入賞作品を選定。
その中から、大賞、金賞、銀賞を選定します。

評価シートの有無

希望者全員が貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

前期後期の2期制です。
次回の日程は以下の通りです。

第12回前期締め切り/2019年5月31日
前期一次通過者の発表/2019年8月15日
入賞作品発表/2019年9月30日

第12回後期締め切り/2019年11月30日
後期一次通過者の発表/2020年2月15日
入賞作品発表/2020年3月31日

第12回GA文庫大賞 選考発表/2020年4月30日

※スケジュールは全て予定となります。

GA文庫大賞のHPより

スポンサーリンク

小学館ライトノベル大賞

募集作品は「ビジュアルが付くことを意識した、エンターテインメント小説」ということで、ライトノベルらしいライトノベルが求められている印象です。
レーベルの代表作といっても過言でもない「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」はライトノベルらしくありつつ、独自の世界観を確立しています。

>>小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)のHPへ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)渡航先生の代表作『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
(渡先生は「第3回小学館ライトノベル大賞」で大賞を受賞してデビュー)

募集ジャンル

ビジュアルが付くことを意識した、エンターテインメント小説であること。ファンタジー、ミステリー、恋愛、SFなどジャンルは不問。商業的に未発表作品であること。(同人誌や営利目的でない個人のWEB上での作品掲載は可。その場合は同人誌名またはサイト名を明記のこと)

ガガガ文庫のHPより

倍率

【第13回】
応募数:1082作品
受賞者:5名
倍率:216倍

【第12回】
応募数:1077作品
受賞者:5名
倍率:215倍

【第11回】
応募数:1328作品
受賞者:5名
倍率:266倍

賞金額

大賞:200万円
ガガガ賞:100万円
優秀賞:50万円
審査員特別賞:50万円

選考の流れ

詳しい案内を見つけられませんでした。

評価シートの有無

一次選考通過以上で貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】
2019年9月末日

【受賞者発表】
2020年3月

集英社ライトノベル新人賞

10代に限らず、20代もターゲットにしていることを募集要項で明言している数少ない新人賞。
例年の応募数は1000に届かない程度ですが、受賞作が1〜2作品と少ないため倍率だけで見ると電撃大賞に負けていません。

空位の賞が多いのは確かな作品を世に送り出したいという方針の表れでしょうか。
読者を10代に絞った他の新人賞より、深みのある作品が求められていると思います。

>>集英社ライトノベル新人賞(ダッシュエックス文庫)のHPへ

六花の勇者 (スーパーダッシュ文庫)山形石雄先生の『立花の勇者』
(山形先生は「集英社ライトノベル新人賞」の前身である「スーパーダッシュ小説新人賞」で大賞を受賞してデビュー)

募集ジャンル

主に10代~20代の読者を対象とした広義のエンタテインメント作品。ジャンルは不問。
ただし日本語で書かれた未発表のオリジナル作品に限ります。

集英社ライトノベル新人賞のHPより

倍率

【第8回】
応募数:647作品(前期270/後期377)
受賞者:銀賞1名
倍率:647倍

【第7回】
応募数:829作品(前期461/後期368)
受賞者:金賞1名
倍率:829倍

賞金額

大賞:300万円
金賞:50万円
銀賞:30万円
審査員特別賞:10万円

選考の流れ

半年に一度ずつ、前期後期でそれぞれ入選作品を発表。
その後、入選作品から大賞以下を選定します。

評価シートの有無

一次選考通過以上で貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

【応募締め切り】
前期:2019年4月25日
後期:2019年10月25日

【最終結果の発表】
2020年5月下旬

スポンサーリンク

オーバーラップ文庫大賞

未だ7回目の募集であり、若い新人賞といえます。
今後どうなっていくかは未知数です。
「自分がこのレーベルを押し上げてやる!」くらいの気持ちで挑んでみてください。

僕は過去一度だけここに応募しています。
一次選考落選だったにも関わらず、とても丁寧な評価シートを頂けたので個人的には好印象な新人賞です。

>>オーバーラップ文庫大賞のHPへ

コートボニー教授の永続魔石 (オーバーラップ文庫)第1回オーバーラップ文庫大賞「金賞」受賞作『コートボニー教授の永続魔石』

募集ジャンル

メインターゲットを10代後半〜20代の男性読者としたエンターテインメント作品。
ジャンルは不問とします。

オーバーラップ文庫大賞のHPより

倍率

【第5回】
応募数:541作品
受賞者:3名
倍率:180倍

【第4回】
応募数:666作品
受賞者:4名
倍率:167倍

【第3回】
応募数:743作品
受賞者:3名
倍率:248倍

賞金額

大賞:300万円
金賞:100万円
銀賞:30万円
佳作:10万円

選考の流れ

第1ターンと第2ターン、それぞれから佳作作品を選出。
その後、その中から大賞以下を選出します。

評価シートの有無

全ての応募作品に貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

現在募集中なのは『第7回オーバーラップ文庫大賞』です。

【応募締め切り】
第1ターン:2019年8月末日
第2ターン:2020年2月末日

【受賞者発表】
第1ターン:2019年12月25日
第2ターン:2020年6月25日
その後、大賞以下を選出。

講談社ラノベ文庫新人賞

こちらもまだ若い新人賞。
受賞倍率が今のところ100倍程度ですので、数字的には狙い目と言えそう。
また、二次選考通過で担当編集が付くそうで、それも魅力的かと。

>>講談社ラノベ文庫新人賞のHPへ

魔法使いなら味噌を喰え! (講談社ラノベ文庫)第1回講談社ラノベ文庫新人賞「大賞」受賞作『魔法使いなら味噌を喰え』

募集ジャンル

主な対象読者を10代中盤~20代前半男性と想定した長編小説。
ファンタジー、学園、ミステリー、恋愛、歴史、ホラーほかジャンルを問いません。

講談社ラノベ文庫新人賞のHPより

倍率

【第8回】
応募数:432作品
受賞者:4名
倍率:108倍

【第7回】
応募数:348作品
受賞者:3名
倍率:116倍

【第6回】
応募数:373作品
受賞者:5名
倍率:75倍

賞金額

大賞:300万円
優秀賞:100万円
佳作:30万円
奨励賞:10万円

選考の流れ

詳しい案内を見つけられませんでした。
二次選考を通過すると担当編集がつくようです。

評価シートの有無

一次選考通過以上で貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

現在募集中なのは『第10回講談社ラノベ文庫新人賞』です。

【応募締め切り】
2019年10月31日

【受賞者発表】
2020年

HJ文庫大賞

デビュー歴のある人でも応募可能な賞です。
応募数が500前後と比較的少なめなので、受賞の確立も高まります。

ちなみに大賞が空位になった場合、賞金はキャリーオーバーされるようなので次の年は狙い目でもあります。

>>HJ文庫大賞のHPへ

たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)第1回HJ文庫大賞「大賞」受賞作『たま◇なま ~生物は、何故死なない?~』

募集ジャンル

HJ文庫では、中高生からの架空小説ファンをメインターゲットとするエンターテイメント(娯楽)作品、キャラクター作品を募集いたします。
学園ラブコメ、ファンタジー、ホラー、ギャグなどジャンルは問いません。

HJ文庫大賞のHPより

倍率

【第13回】
応募数:427作品
受賞者:5名
倍率:85倍

【第12回】
応募数:555作品
受賞者:1名
倍率:555倍

【第11回】
応募数:547作品
受賞者:5名
倍率:109倍

賞金額

大賞:100万円
金賞:50万円
銀賞:10万円

選考の流れ

詳しい案内を見つけられませんでした。

評価シートの有無

一次選考通過で貰えます。

応募の締め切り&受賞者の発表日

現在募集中なのは『第14回HJ文庫大賞』です。

【応募締め切り】
2019年10月

スポンサーリンク
スポンサーリンク



《作品のブラッシュアップ!!》
あなたの小説に感想&アドバイスお届けします

日々小説に打ち込んでいる僕が、あなたの小説をより良くするお手伝いをします。特に新人賞狙いの方にオススメです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
の項目は必須項目となります。